インプラントと入れ歯とブリッジの違い

インプラント

インプラントは、人工の歯根を顎骨に埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。
きちんとメンテナンスをすれば半永久的に持ちます。
また違和感がなく、何より見た目を美しく見せることができるとともに、天然の歯と変わらない力で噛むことができます。

メリット
見た目が天然歯に近く、審美性が高い
自分の歯と同等の力で噛むことができる
違和感がなく、ずれたり、浮いたりすることがない
健康な歯を削らなくて済む
虫歯にならない
メンテナンスを行うことで半永久的な維持が可能です
(安部歯科医院ではアフターフォローに力を入れています)
デメリット
外科手術を受ける必要があるため、
  疾病をお持ちの方は治療が難しい場合があります
 (ただし当院では治療が行える可能性がございます)
骨移植を伴う症例は治療期間が長くなる場合があります

入れ歯

入れ歯は保険が適用されるため、インプラントに比べて価格が安く、比較的短期間で行うことができます。基本的に誰でも治療を受けることができますが、違和感が生じたり、噛む力が弱かったりなど不便さを感じることがあります。
また、口の中が乾燥する方だと入れ歯が痛く感じることもあります。

入れ歯
メリット
一般的な治療で、簡単に受けることができる
素材によって保険が適用されるので、費用は安く済む
取り外して清掃ができる
顎の骨がどのような状態でも作ることが可能

デメリット
口の中に異物感があり、発音がしにくい
食べ物を噛み砕く力が弱い
バネを掛ける歯に負担がかかる
バネが見えるなど、審美性に劣る
形が合わなくなってくると外れやすく、痛むことがある
骨が痩せてくるため、かならず作り直す期間がある

ブリッジ

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、ブリッジとは両隣の歯を削り、人工歯を被せる治療法です。
ブリッジはしっかりと固定されるため、違和感がなく天然歯と同等に噛むことができます。しかし、隣り合う健康な歯を削る必要があるため、削った歯の寿命を縮めてしまうことがあります。

ブリッジ
メリット
固定式のため、ほとんど装着の違和感がない
天然歯と同等に噛むことができる
素材によっては保険範囲内で治療が可能
素材によっては天然歯に近いものも選択できる
 (審美性が優れている)
治療期間が短い
デメリット
両隣の健康な歯を削る必要がある
歯に負担がかかり、寿命を縮めてしまう
歯肉との間に食べカスがつまりやすく、
     不衛生になりやすい
使っている間に変色、擦り減ってしまう場合がある
お口の状態によって適応できない(本数、位置、強度)

インプラントとブリッジと入れ歯の比較

 
インプラント
入れ歯
ブリッジ
見た目
噛む力
歯への影響
なし
あり
あり
不快感
なし
あり
なし

人は永久歯を失うと二度と生えてきません。そのため、今までは「入れ歯」や「ブリッジ」などを用いることで、歯を失った部分を補ってきました。
しかし、固いものがうまく噛めなかったり、噛む度に入れ歯が動いたりなど、長く使用していると合わなくなってくるため、必ずしも快適な使用感を得られる訳ではありません。
インプラント治療は、健康な歯を削ることなく、自分の歯と同じ感覚で食べたり話したりできるのが特長です。多くの芸能人やスポーツ選手がインプラント治療を受けていることで、日本にも認知され始めていますが、海外ではもっと早くから歯科治療が行われています。

それぞれの特徴を捉えていくと、大きな違いがあり、どの治療が最適なのか、悩まれている方も多いと思います。まずは、お気軽に当院へご相談下さい。あなたに最適な治療法をご提案させていただきます。